« 花火の数え方 | トップページ | Zaurus関係書籍が楽しみだね »

2005.08.11

QED 熊野の残照

高田崇史のQEDシリーズの新作がでたので、昨夜一気に読んでしまった。

MyBooksの欄に以前読んだものでがっかりしたことが書いてあったが、今回は満足である。

というのは、これまでのQEDシリーズは、殺人事件が一応メインとしてあって、事件の謎を解く鍵が歴史の中にあるという展開だったが、歴史の話が多すぎて、それはそれで面白いのだが、殺人事件との関係がうまく解け合っていないという不満をいだいていた。

今回は熊野三山の歴史の謎を解くという話がメインで、殺人事件については関連はあるものの、無理して殺人事件と歴史の謎を解くことをくっつけていない。無理すれば、事件はそもそも大和朝廷の頃に起因するということもできただろうが、そこをあっさりとかわして書いているので、歴史の謎を解くのが主眼だというつもりで読めた。

今話題の熊野三山の歴史を知るにはとても良い本だと思う。

« 花火の数え方 | トップページ | Zaurus関係書籍が楽しみだね »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4410/5419806

この記事へのトラックバック一覧です: QED 熊野の残照:

« 花火の数え方 | トップページ | Zaurus関係書籍が楽しみだね »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31