« OQOのケース | トップページ | Org-mode4.27の翻訳開始 »

2006.05.06

emacsのorg-modeの解説OrgTutorialの翻訳

ZaurusSL-C3000では、emacsのhowmを使って日誌を書いたり、org-modeで作業のアウトラインを考えたりすることが多い。org-modeというのはemacsでアウトラインを書くためのマクロのひとつだが、スケジュールやTODOまで管理できたり、HTMLに書き出したり、いろいろなことができるマクロだ。

どんなことができるかよくわからなかったので、2004年の12月にマニュアルを翻訳して、wikiの方で掲載した。その後、一年半の間にさらに進化をとげ、どうやらemacsの標準パッケージにも含まれるようになったし、Meadowにもすでに取り入れられていた。

現在バージョンは4.27で、以前の翻訳も過去のものとなっており、新しいマニュアルの翻訳に着手したいところだが(何が新しくなったかよくわからないので)、毎週のようにバージョンアップがされており、どの時点のマニュアルを翻訳したらよいのか。うかつに手が出せない状況である。

そんな折りにメーリングリストでDavid O'Toole さんがOrgTutorialというorg-mode入門サイトを公開されたので、許可をとって翻訳させてもらった。豊富なスクリーンショットでアウトラインの基本機能だけではなく、リンクの方法、複数のファイルに記載したスケジュールとTODOを管理する方法など、要点を非常にわかりやすく紹介している。

org-modeを利用するきっかけとなってもらえれば嬉しいのだが。

MobileMemoWikiのOrgTutorial

« OQOのケース | トップページ | Org-mode4.27の翻訳開始 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4410/9933720

この記事へのトラックバック一覧です: emacsのorg-modeの解説OrgTutorialの翻訳:

« OQOのケース | トップページ | Org-mode4.27の翻訳開始 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31