« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006.05.28

VAIO type Uのキーボードは最悪--パス

新宿のビックカメラでtypeU発見。

キーボードが押しにくいという評価がでていたので、さわってみると最悪。

CLIEのPEG-UX50と同じのり。

まだCLIEの方がキーボード全体に波をうたせていただけましか。CLIEでもそのボードとキートップがフラットなおかげで、少し爪が伸びているだけで押せない。僕らはこんな感じでシールを貼ってしのいでいたのをSONYは知っているのだろうか。CLIE-UX50を使うのをあきらめたのは、電池の持ちの悪さとそのキーボードの使いにくさだった。

あのときに第2弾として、もう少しまともなキーボードと、標準でも1週間持つPalmとしての基本性能を持つバッテリー(あるいは本体の省電力設計)を持っていたら、W-ZERO3よりも早い段階で、多くのファンを獲得したにちがいないのだ。キートップシールを貼り、ボテボテした大容量バッテリが嫌で離れていったファンが多かったに違いない。

彼らはこのtypeUのキーボードで未来を変えると考えているのだろうか。電子辞書のコーナーを眺めてみるがいい。高齢者でも初心者でも押しやすいように小さな面積にどのようにキーボードを入れるか考えている。OQOのキーでも押しにくいなあなんて考えていたのに、SONYの開発は何を考えているのだろう。SONYのメンバーはこれで自分たちの会議の議事録をとってみたことがあるだろうか。

ユーザビリティを犠牲にしたオリジナリティの追求に何の価値もない。

2006.05.16

VAIO typeU うううむ

http://www.vaio.sony.co.jp/Products/UX1/

うーむ。OQOが使いこなせてないしなあ。

熱くならないんだろうな?起動も早そうだしな。。。。。

Org-mode4.27の翻訳開始

EmacsのOrg-modeがバージョンアップされ、大幅に機能が増加した。現在メーリングリストで怒濤のバージョンアップがなされており、毎週0.01づつアップし、3月末からこれまでのあいだに4.12から4.29までバージョンが上がっている。マニュアルが安定したら、翻訳をはじめようかなと思っていたが、いつまでたっても安定版にならないので(嬉しい悲鳴なのだが)、4.27ベースに翻訳をはじめた。4000行近い物なので、ボチボチとすすめるしかない。

いままわかってきた機能追加は

  • 箇条書き記号への対応。Emacsのアウトラインは「*」という記号の数で階層を表すのだが、「1.」、「1)」とか、「+」「-」などの箇条書きを認識し、次の行に自動的に記号を挿入したり、番号を振り直したり、折り畳んだりできるようになった。
  • 表の機能が大幅に増加した。計算が充実したし、列幅が調整できるようになり、もしもデータの字数が多い場合は、列幅以上の部分は隠れたりする。
  • リンクはインターネットのように説明文の裏にリンクをつけることができる。
  • TODO項目やスケジュールの管理機能も充実した。

毎日少しずつ翻訳しながら、こんな機能がついたんだと驚いている次第である。そのかわり、Emacsはただでさえキーコマンドが多いのだが、これも相当な数になりそうだ。

さてさて今月中にどこまで翻訳できるか。

2006.05.06

emacsのorg-modeの解説OrgTutorialの翻訳

ZaurusSL-C3000では、emacsのhowmを使って日誌を書いたり、org-modeで作業のアウトラインを考えたりすることが多い。org-modeというのはemacsでアウトラインを書くためのマクロのひとつだが、スケジュールやTODOまで管理できたり、HTMLに書き出したり、いろいろなことができるマクロだ。

どんなことができるかよくわからなかったので、2004年の12月にマニュアルを翻訳して、wikiの方で掲載した。その後、一年半の間にさらに進化をとげ、どうやらemacsの標準パッケージにも含まれるようになったし、Meadowにもすでに取り入れられていた。

現在バージョンは4.27で、以前の翻訳も過去のものとなっており、新しいマニュアルの翻訳に着手したいところだが(何が新しくなったかよくわからないので)、毎週のようにバージョンアップがされており、どの時点のマニュアルを翻訳したらよいのか。うかつに手が出せない状況である。

そんな折りにメーリングリストでDavid O'Toole さんがOrgTutorialというorg-mode入門サイトを公開されたので、許可をとって翻訳させてもらった。豊富なスクリーンショットでアウトラインの基本機能だけではなく、リンクの方法、複数のファイルに記載したスケジュールとTODOを管理する方法など、要点を非常にわかりやすく紹介している。

org-modeを利用するきっかけとなってもらえれば嬉しいのだが。

MobileMemoWikiのOrgTutorial

2006.05.05

OQOのケース

大容量バッテリを取り付けると、残念ながらPDAir Leather Case OQOでは入らない。
ヨドバシカメラでケースを探したところ、なかなかいいのが見つからない。PDAコーナー、パソコンケースコーナー、文具コーナー、シリコンオーディオコーナー。大きさはあうのだが厚みがぴったりとこない。

あきらめかけて、DSLightが売ってないかなとゲームコーナーを回ったところ、当然売ってるわけはないわな。ふとみるとGAMETECHのゲームポーチDLite (グレー)にたどり着く。大きさはぴったり、厚みは予備バッテリがはいる厚さ。ただし液晶面の保護がないのでプラスチックのカードケースを買って液晶の上にのせることにする。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31