« Org-mode for GTDの翻訳 | トップページ | 仮想CFを使ってみる »

2007.01.08

Zaurus SL-C3200を購入

価格.comを覗いていたら、Zaurus SL-C3200が52k円になっている。
秋葉原の某所で店頭で購入。
最近、EmacsのOrg-modeのマニュアルを翻訳したせいか、Zaurus SL-C3000でEmacsを使うことが増えてきた。W-ZERO3[es]よりも入力がしやすいことに気付く。
そんなわけで、Zaurusがメインになってきたら、いっそ新しいもので再構築。
ヨドバシでは、70kもするし、と思ったら52k。つい手を伸ばしてしまった。

とはいえ、再構築はボチボチと。

Zaurus SL-C3000はアプリを入れるhdd2が狭く、3200ではこれを改善しようと思ったら、どうやらhddの割り当てが違うらしい。ゆっくり研究しよう。

とりあえず、NANDのbackupとHDDのbackup。
NANDのbackupは何とかできたが、HDDが容量不足。8GBのCFで挑戦したところ、成功したもののカードリーダーで読めない。なぜだ?Zaurus SL-C3200側でみて理由がわかった。

Zaurus SL-C3200側でみたら、8GBの中が4つのパーティションに分かれ、
hdd1とhdd2がextに、hdd3がfatに、ここまででZaurus SL-C3200の6GBと同じものができている。そして残り2GBはhdd4は未定義に。
つまり、現在のZaurus SL-C3200のHDDのイメージがそのままコピーされたようだ。

extフォーマットではWindowsのPCからは認識できない。
これでは、HDD換装をやる人には良いが、PCで保管することができず、8GBのCFが使えなくなる。

とりあえず、hdd1とhdd2はtarで固めるか?はたまた、何かべつの環境にext3を作ってそこに移すか、思案中。

なお、途中CFやSDが認識されなくなったときに
Bird-Soft WeblogさんのZaurusでコンパクトフラッシュ(CF)をフォーマットというページを参考にさせてもらった。感謝である。
  generated by feedpath

« Org-mode for GTDの翻訳 | トップページ | 仮想CFを使ってみる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4410/13393177

この記事へのトラックバック一覧です: Zaurus SL-C3200を購入:

« Org-mode for GTDの翻訳 | トップページ | 仮想CFを使ってみる »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31