« iPhoneでテキストデータベースを持ちたい | トップページ | iPhoneでTiddlyWikiを活用しよう(その2) »

2008.09.19

iPhoneでTiddlyWikiを活用しよう

iPhone 3G アプリ&ツール

iPhone 3G アプリ&ツールという本を読んで、何か良いアプリはないかなと見ていたら、なんとiPhoneに特化したTiddlyWikiがあることを発見。さっそく登録してみた。

blogが時系列に記事が書き込まれるのに対して、Wikiは平面的に記事が並んでいて、簡単なリンクの記法を使って、それぞれの記事を連結する。WikiPediaがWikiの代表的なものだ。

個人的には、日記を書くならブログ、WikiPediaのようなデータベースにはWikiが向いてると思う。個人のデータベースを作るなら、Wikiが良いと思う。

TiddlyWikiはWikiの一種なのだが、Javaを駆使して1ファイルでWikiの機能を実装したものだ。どんなことができるかは、TWHelpを見てほしい。

このTiddlyWiki2.4を使ったWEBサービスを行っているTiddlyHomeというサイトで、iPhoneに特化したWikiのサービスが開始されている。

http://itw.bidix.info/

にiPhoneでアクセスして、Sign upのページでアカウントを作成し、Create a siteでサイト名を登録すれば、

http://itw.bidix.info/サイト名/

という個人専用のTiddlyWikiのページが作成される。Create a siteでprivateを指定すれば非公開のサイト、
指定しなければ公開のサイトが作られる。

http://itw.bidix.info/mobilememobiz/

というサイトを登録してみたのでアクセスしてみてほしい。

記事はMenuのNew Tiddlerで作成する。ページを戻るには、safariの戻るではなく、
画面上の「<」というボタンを押すというのが少し慣れないととまどうかもしれない。

さらに、優れているのは、Download iTW 1.3.1 packageというページで

iTW_1.3.1.zipをダウンロードし、ローカル(たとえばUSB)に保管すれば、
ローカルのファイルで記事を作成してとWEBのファイルに同期させることができる。

さらにiPhone単体でローカルで閲覧しようと思ったら、
Air SharingというアプリをつかってiPhoneのフォルダーにコピーしておけば、ネットに接続していないときでも、いつでも内容を
確認することができる。
(ただし、iPhoneのSafariは保存する機能がないので、Air Sharingのフォルダーにコピーした記事をiPhoneで編集・追加することはできない。
あくまでも閲覧専用)

というように、WEB、PC、iPhoneで利用できるのだ。

しかもベースがTiddlyWiki2.4なので、stylesheetを変更したり、いろいろなプラグインを導入することも
可能であると思われる。(まだ実験はしていないので、これからいろいろと試行してみたい。)

Wikiに興味があれば、トライしてはどうだろう。

Web

























最初のページ


Web3























サイトを作る

 

« iPhoneでテキストデータベースを持ちたい | トップページ | iPhoneでTiddlyWikiを活用しよう(その2) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4410/42521060

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneでTiddlyWikiを活用しよう:

« iPhoneでテキストデータベースを持ちたい | トップページ | iPhoneでTiddlyWikiを活用しよう(その2) »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31