« 新しいガジェット「ポメラ」。でもこれって。。。 | トップページ | iPhoneでTiddlyWikiを活用しよう(その3) »

2008.10.31

PHS300でどこでも無線LAN

Sp03_2

dh memorandaさんのサイトに刺激を受けてPHS300を購入した。

PHS300とはポケットタイプの無線LANルーターでe-mobileなどの通信カードを接続することで、簡単にホットスポット環境ができあがり、無線LANのあるPDAやノートPCからインターネットへ気軽に接続できるようになる装置だ。

PHS300日本公式販売サイトで販売されるのを待ちきれずAmazonで。

注文の翌日に国内での販売が開始されるアナウンスがはいり、値段も安く。。。。。(泣)

さらにPowerBank Slimを購入し外部電源対策。PHS300の電源ケーブルの口径が外径5.5φX内径2.5φと特殊なので、ネット検索したところ、YSOLで取扱っていたため(USB電源ケーブルDC5525)、1.2mとケーブルが長すぎるのは我慢することとして、これをネット購入。本当はもっと短いケーブルも別のメーカーで出ているようなのだが、確実に手に入るのでこちらで購入した。

これで環境が整い、emobileのD02HWを使って、どこでも無線LAN環境ができあがる。

PHS300は本体のバッテリでは約2時間、外部電源をつないで6時間ぐらい利用できる。

この環境ができれば、ノートPC、iPhone、Zaurusどのマシンでもいちいちつなぎ直す必要もなく、どこでもホットスポット環境でネットにアクセスすることができるのだ。

この環境を構築すれば、iPhoneではなくiPod Touchでもかなり快適なインターネット接続ができると思う。

鞄の中にいれて、会社の行帰り、昼休みなど、それぞれの電源を入れるだけで、D02HWの快適環境を楽しむことができる。

Dc5525

« 新しいガジェット「ポメラ」。でもこれって。。。 | トップページ | iPhoneでTiddlyWikiを活用しよう(その3) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4410/42958967

この記事へのトラックバック一覧です: PHS300でどこでも無線LAN:

« 新しいガジェット「ポメラ」。でもこれって。。。 | トップページ | iPhoneでTiddlyWikiを活用しよう(その3) »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31