« Org-modeでWandarlustのメールへのリンクが開かない | トップページ | iPhoneのTrunk NotesでWiki »

2010.01.26

ロバート・B・パーカー逝去す

ロバート・B・パーカーが、1月18日に亡くなった。最初に読んだのは、1975年の「失投」だったか、それとも76年の「約束の地」であったか忘れてしまったが、とにかく、それ以降毎年12月頃に発売されるスペンサーシリーズを読むのを楽しみにしていた。
元のストーリーの面白さもあるのだろうが、スペンサーシリーズが多くのファンを獲得したのは、菊池光氏の翻訳の力によるところが大きいと思う。それ以前の翻訳も、当時読返したが、主人公の印象は翻訳によって大きく変るものだと思った。知的な肉体派の元ボクサー。そんな菊池さんのスペンサーのファンだった。菊池氏も2006年に亡くなった。

当時はブログやインターネットの時代ではなく、パソコン通信の時代で、ニフティにはフォーラムと呼ばれる会議室があり、ミステリーやら冒険小説やらのフォーラムで、いろんな感想を披露したものだ。

そのころのハンドルネームは素筆
これもスペンサーから来ている。

スペンサー>スペンさん>素筆さん>素筆(すぺん)

このサイトも、spen.cocolog-nifty.com

これも当時のハンドルネームというかスペンサーに由来しているのである。

また、スペンサーシリーズというのは、米国ではテレビ放映もされたようだが、それほど売れなかったらしい。残念ながら、日本語で吹き替えられることはなかった。
ビデオがあることを知り、ビデオ屋に頼み、シリーズのビデオのうち2巻を入手した。残念ながら、頭の中のイメージとは微妙に違った。このテープはレアではあるが、買手もいないかもしれない。

一昨年、ボストンを訪れた。もちろん手元には「スペンサーのボストン」を持って。

いつからか、パーカー自身の奥さんとの問題が作品にも反映され、ちょっとパワーが落ちたのが寂しくもあったが、そういったことも読手の楽しみのひとつである。

まだ、翻訳されていない本も数冊あるようなので、今年の冬も新しい作品に出会えるを楽しみしていよう。

ロバート・B・パーカー氏の冥福を祈る。

« Org-modeでWandarlustのメールへのリンクが開かない | トップページ | iPhoneのTrunk NotesでWiki »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4410/47399451

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・B・パーカー逝去す:

« Org-modeでWandarlustのメールへのリンクが開かない | トップページ | iPhoneのTrunk NotesでWiki »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31