« ロバート・B・パーカー逝去す | トップページ | 日経電子版記事の取得 »

2010.03.23

iPhoneのTrunk NotesでWiki

以前、iPhoneで使えるWikiとしてiTWを紹介した。WEBと同期して、気軽に利用できるし、1ファイルで構成されているので、USBドライブやDropboxなどを使えば、WEB、PC、iPhoneでどこでも使えるtiddlywikiをiPhoneにアレンジしたものだ。これでも結構使えるが、アイテムが多くなると重くなって、ファイルを分けざるをえない。どうしても1ファイルで構成されるために、メモリなどの限界があるのだ。

最近、ひさしぶりにApp Storeを覗いて、「Wiki」で検索してみると、wikipediaの検索アプリの中に埋れてしまってはいるものの、Wiki形式で情報を管理するアプリがいくつか出ていた。その中でおすすめなのがTrunk Notesだ。

基本的なWikiの書式が使えるし(MovabletypeのMarkdownプラグインに準拠)、WikiWordによるリンクやタグ機能も備えている。

下のScreenshotのようにStyleSheetを編集して好みのデザインに変更することもできる。

残念なのは画像が、320x320の正方形でしか保存できず、拡大縮小もできないこと。iPhoneでとった画像や説明用の画像もトリミングして、この大きさに変更する必要があること。拡大ができないので、字が小さいと読めないので、等倍で読めるレベルの画像である必要がある。

それを別とすれば、快適なWikiライフが送れそうだ。メモ帳やEvernoteも便利で、単独の情報を収集するには便利なのだが、Wikipediaのように、相互にリンクを張った情報を取扱うなら、Wikiの方が便利だと思う。良かったら試してみてください。





ちなみに、Trunk NotesでのWiki書式を紹介すると(Docs:Functionを参照)

  • #を付けると見出し。#が1つがh1、6個でh6まで見出しを作れる(h4~h6は自分でStylesheetに定義){{toc}}を文頭に書いておくと、見出しの一覧が作成される。
  • 半角スペース*半角スペース「 * 」のあとに文を書くと箇条書、*の代りに1.と書くと数字付箇条書。(もちろんこれはStylesheetで形式を定義できる。
  • 半角スペースを4つ続けると整形済テキスト
  • 表は、以下のように書き、罫線部分のコロンが両端にある列はセンタリング、右端にある場合は右寄せとなる。

項目1|項目2|項目3
----|:----:|-----:
内容1|内容2|内容3

  • HTMLも直接つかえるので、<font color="RED">赤字</font><u>下線</u>のように記述すれば、文字装飾も可能だ。
  • リンクはWikiWordは直接、/WikiWordのように書くとリンクをエスケープ、[[記事名]]のように書けば「記事名」というタイトルのページにジャンプする。
  • >で引用。>>と書けば入れ子の引用も可能だ。
  • ***で水平線
  • バックアップはメールで送る。zipファイルだが、中身をみると、見出し名のついたテキストファイル。記事のタイトルが日本語の場合はファイル名がUTF-8のためXPでは文字化けしたように見えるが問題ない。中をみれば極めてシンプルだということがわかる。
  • Wifi環境があれば、同じ無線LANの中のPCから、Wikiの内容を編集することが可能。これで、簡単に新規項目の追加ができる。予め記事をエディターなどを使って作成し、貼付けるのが便利。
  • {{tagged タグ名}}でタグのつけられた記事の一覧、{{recent 10}}で最新記事10件が表示される。{{popular 5}}なら人気記事ベスト5
  • Snippet:abcという記事を作成し、そこに良く使う定型句やテンプレートを記入しておくと「abcxx」というようにxxを付けて入力すると、即座にその場所に定型句が挿入される。
  • ToDoというタグのついた記事を作成すると、Special:Badgeというページに記事が表示され、そこに表示された記事の数が、iPhoneのTrunk Notesのアイコンの右上に、よくある未読件数のように表示される。
  • ページ単位で背景色やstylesheetを個別に設定できる
  • {{backlinks ページ名}}とかくと「ページ名」の記事にリンクを張っている記事の一覧が表示される。
  • {{check 毎朝歯を磨く}}と書けばチェックボックスが作成できる
  • ページ名に「@action (1) 2010-04-01 ブログを書く」と書いておくと、トップページに{{action @action}}のように書いておけば、「@action」というページ名の一覧が表示され、GTDとして利用することもできる。

この程度の書式がそろえば、たいていの物は記述できそうだ。

« ロバート・B・パーカー逝去す | トップページ | 日経電子版記事の取得 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4410/47883946

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneのTrunk NotesでWiki:

« ロバート・B・パーカー逝去す | トップページ | 日経電子版記事の取得 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31