« ザウルス文庫をiPhoneで | トップページ | Galaxy note 自炊読書に最適のビューワー »

2011.11.06

パナソニックの洗濯機NA-VR1000はやはり欠陥品だった。

以前、洗濯機の下水臭が解決したという記事を投稿したが、最近また調子が悪くなってしまった。
状況は、乾燥中に温度が下がり、途中からぐるぐる回っているだけ。時間が来ても全く乾かない。さらに洗濯パンの下の封水を飛ばすので下水臭がそのまま上がってきて、放置すると洗濯物にまでにおいがついてしまう。
価格.comのクチコミを見ると同様のクレームが山のように。
どうやらヒートポンプのフィルターにホコリがたまって、性能が落ち、ヒートポンプ自体もうまく動かなくなるらしい。
といっても洗面の狭いところにある洗濯機を自分で動かすのは困難。
買い替えるまで騙し騙し使うことに。
二度とパナソニックは買わないと堅く決意した。

騙し騙し使う方法は、
乾燥し始めて1時間程度で、一旦止める。洗濯パンのホースがつないであるところに、ペットボトル2本分の水を注ぎ込み封水用の水をつぎ足す。再度スイッチを入れて、洗濯乾燥切替で乾燥を指定し、2時間のタイマーを設定する。
2時間後にはまた封水が飛んでしまって下水臭がするので、再度封水用の水をつぎ足し、洗濯物を早くとりこむ。

しかし、やはり早く買い替えるのがベストだ。

もしこれから洗濯機を買うのなら絶対にパナソニックはやめた方がよい。

« ザウルス文庫をiPhoneで | トップページ | Galaxy note 自炊読書に最適のビューワー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4410/53175599

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックの洗濯機NA-VR1000はやはり欠陥品だった。:

« ザウルス文庫をiPhoneで | トップページ | Galaxy note 自炊読書に最適のビューワー »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31