« ノートや情報カードをFileMakerで管理 | トップページ | CamiAppでノートや情報カードを管理 »

2015.07.12

iPhoneの100年日記がキラーアプリになった

 iPhoneのアプリもいろいろ試してみたが、最近の一番のお気に入りは100年日記だ。
 日記を書くアプリはいろいろあるが、100年日記は

 WindowsCE、Palm、シグマリオン、PSION、ZAURUSなどなど、いろいろなPDA

 iPhoneの100年日記というアプリが、Evernoteと同期できるようになり、私にとってのライフログキラーアプリとなった。








100年日記とは

日記アプリで、最大100年間(年数は指定可能)の日記が作成でき、1日につき写真3枚を貼り付けることができる。
誕生日から100年間の日記にしよう。
月ごとに日記を表示するカレンダービューと、○月×日を1年目から100年目まで表示する100年日記ビューという、2種類のビューを切り替えてみることができる。
毎日、日記をつけるには、最近の日記をみることができるカレンダービューが便利で、去年の誕生日、おととしの誕生日はというように、昔は何をしていたっけと考える時は、100年日記ビューが便利。市販の日記帳で10年日記、5年日記、3年日記などがあり、いくつか試したことがあるが、当然にいつかは別の日記に移り、過去が確認できなくなる。デジタルだからできる100年日記だ。

日記の機能

1日の記事は1000文字以上入力可能で、1日の記事に写真を3枚、タグを3つまでつけることができる。
写真は、写真一覧画面で、日記の順番で確認でき、写真を選んで、その写真の添付された日記を呼び出すこともできる。
タグも検索画面からタグを呼び出すことで同じタグのついた記事を確認することが可能。

バックアップ

データとしてバックアップを保存するときはDropboxに保存し、何かあったときは保存したデータから日記を復旧することができます。また、今回のバージョンから、Evernoteの日記用ノートブックに、日付(YYYY/MM/DD)をタイトルとしたノートとして保存することができます。
通常の量なら、DropboxやEvernoteの無料サービスの範囲で利用することができます。

Evernoteとの同期

Evernoteと同期させると、Evernoteに100YearDiarySyncというノートブックが作成され、その中に「2017/07/12」というように1日1ノートが作成される。
昔のデータを作成するには、パソコンで作成するのが便利だ。
この方法で、過去のテキストデータをコツコツと作成し、さらに、昔のデジカメのデータも1日3枚限定だが、貼り付けた。

結果として、現在3214日分の日記を登録した。(相当くたびれた)

毎日みることはないが、ふと数年前の今日は何をしていたかなどを見て思いをよせるのは楽しい。大切な人の誕生日や結婚記念日などの記念日の記録を書きためておけば、いろいろなトラブルを未然に防げるかもしれない。

« ノートや情報カードをFileMakerで管理 | トップページ | CamiAppでノートや情報カードを管理 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4410/59882419

この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneの100年日記がキラーアプリになった:

« ノートや情報カードをFileMakerで管理 | トップページ | CamiAppでノートや情報カードを管理 »

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31