iPod

2007.10.17

iPod160GBシルバー購入

60GBのiPodが手狭になってきたので、160GBを購入した。
現在、9944曲31.6日分、381本8.1日分、写真210枚というわけで、現在空きが68GB。
音楽には、英会話のCDのようにセンテンスで1曲になっていたり、動画は2時間モノを3分割したり、4分割したりしているので、若干上げ底ではあるが。

Mixiにも書いたけれど、160GBになって、容量的には十分との意見もあるようだが、私は、そうは思っていない。もともとiPodのHDD版は自分の持っているCDをすべていつでも携帯しようというコンセプトがあったと思うが、自分の持っている動画もすべて携帯しようとすると、60GBでは不足で160GBでも不十分だ。

家の整理もかねて、VHSテープを処分したいと思い、現在コツコツとVHS->DVDへのダビングを行っている。これをすべてiPodにいれるつもりはないけれど、動画を持ち歩こうとすれば160GBでも手狭と感じている。

昔読んだ美崎さんの本で、目にみえるものを全て動画にしてみたらどのくらいになるかという計算が書かれていた。詳細は忘れてしまったが、これをiPodの動画で計算してみると、

1時間の動画が100MBなので、80年間に見えているものすべてをiPodに入れたら

24時間 X 365日 X 80年 X 100MB/時間 = 70TB

という計算になる。70TBが限界というところだろうか。。。。(笑)

ところで、I・O DATAのスタパ斉藤さんのコラムにHDDの価格推移が掲載されており、

94年下期だと1GBあたり74,252円したHDDが、05年上期で112円に下がっているそうだ。(662分の1)

これでいくと、1TBのHDDを購入したとすると、
94年74百万円>05年112千円になる。

70TBなら、94年だと、なんと52億円!!05年なら780万円。

価格.comでみると、500GBのHDDが16500円。1GBあたり33円。1TBで33千円。70TBで230万円。5年で10分の1に下がっているので、2020年ぐらいには、価格が100分の1になり、70TBのiPodなんて売っているかもしれないのだ。

そのときは、僕も「もう十分」と言うだろう。

Apple iPod classic 160GB シルバー MB145J/A
アップルコンピュータ (2007/09/06)
売り上げランキング: 275
  generated by feedpath Rabbit

2006.01.23

iPodでニュースとRSSを読む

ZaurusSL-C3000でyahoonewsTTRがうまく動かないので、 iPod関係の書籍にのっていたiPodでのニュース読みにトライ。

@TM PageでPodDeNewsをダウンロードし、iTunesのiPodの設定で「ディスクとして利用する」にチェックを入れる。 あとはiPodのドライブ名をエクスプローラで確認して記入する。(ディスクとして利用するときは「ハードウエアの安全なとりはずし」 でとりはずす必要が出てくる)

あとはiPodをつないで更新すれば自動的にiPodに取り込みメモで閲覧できる。

Podcastで音声ニュースを購入しているが、それを聞きながらニュースも読める。

(Outlookからの予定表の取り込みがまだできない。)

2006.01.22

iPodバージョンダウン

iPodの不調だが、Updaterが原因なので、もとに戻す。

まずは、ソフトウエアの追加と削除から、UpdaterとiTunesを削除。そして購入時のCD-RROMから再インストール。 次に復元を実行。この過程で再起動の実行を要求されるが、スイッチの長押しによる強制終了よりも過激にシステムが再起動される。 異常終了となり、再度強制終了を余儀なくされた。

同じ原因の人は、再インストールは十分注意して。できたら外付けHDDなどはあらかじめ外しておいた方が心臓の負担が軽いかも。

50GB弱のデータなので、そのあと更新が完了するまで3時間近くかかる。しかしおかげで動画を普通にみることができるようになった。

iPodビデオが不調

iPod Updater v1.1にしたところ、ビデオ関係の調子が悪い。30秒ほど動いたと思ったら、一旦静止画像になり、 再度動き出したら音がでなくなるのだ。最近のエンコードの問題だと思っていたら、全ての動画で同じようになる。

いろいろ調べてみたら60GB固有の問題だそうで、 壊れたのではなく、Updaterの問題だったようだ。

この記事がみつからなかったので、現在iPodは初期化して、再度同期させている。3時間ぐらいかかりそうだ。 解決方法はv1.0に戻すしかなさそうだ。

Updateする前から、一時期動画の調子がおかしかったのだけれど、これは多分エンコードの最中に別のアプリを動かしたため、 エンコードが一部うまくいかなかったことにあるようだ。

しかし、こうした問題が発生しているのに、appleのサイトには注意がでないのも何か問題のような気がする。

早いところ修正版を出して欲しい。

2005.12.27

iPodの早送り

iPodの早送りはできないと思っていた。iPodは操作が簡単だから特にマニュアルや解説を読むこともせず、そう信じていたのだが、iPodの手軽さの記事にsantanaさんからコメントを頂戴し、真ん中のボタンを押してホイールを回すことで早送りや巻き戻しができることを知った。恥(^_^;)

動画再生用にNHJ(自己破産してしまったようだ)のMPM-202(60GB)を使っているが、これが早送りは8倍速にして送っていくしかないし、また前回見たところを覚えていないので途中からみるときは面倒なのだ。(ドライバーを変更すれば前回見たところを記憶するのだが、フルスクリーン表示ができなくなるので変更していない)

てっきりこれと同じでiPodも手軽に早送りはできないものと思っていたのだ。

できてみれば大変便利。iPodはあなどれない。

2005.12.12

iPodで写真を見る

iPod Photoの世代は興味がなかったのだが、iPod Videoを使っているうちに、お気に入りの写真を取り込んでみようと考えた。

ところがiTunesには写真の取り込みのコマンドが見つからない。本屋でいろいろ調べたら、なんとiPodを接続したときのiPodの設定の中に表示されている。Xp上の写真のフォルダーにサブフォルダーを作り、そこに写真を入れておけば、フォルダー全体またはサブフォルダー単位でスライドショーを見ることができる。癒し系の写真を入れBGMに癒し系の曲を指定しておけば、ちょっとした気分転換ができる。

2005.11.21

iPodの手軽さ

ここのところ、すっかり通勤途中にiPodで動画を見るのが習慣になってきた。

何が便利かといえば、やはりiTuneの操作性とiPodのシンクロの気軽さだろう。

今までもテレビで録画したサッカーをZaurusでみたりしていたのだけれど、変換して、接続してファイルを移動してといった一連の手間がかかっていた。しかし、iPodだと、PCのテレビ機能で録画しておけば、夜間にiPodの形式に変換し、PodCast化してくれ、それを朝iTune立ち上げて取り込みiPodをつなぐだけで自動更新完了だ。あわせてPodcastのニュースや音楽番組、シグマリオンレディオなども取り込める。

現在8337曲、ビデオが100ファイル(1本30分から1時間)で42GBだ。2時間物の番組はできるだけ30分程度に分割している。というのもiPodの問題点として、早送りができないからである。途中までみたときには、そこでPAUSEをしておけば続きをみることはできるのだが、一度音楽などに切り替えたら、動画の続きをみるには、先ほど見たシーンまで、再生を行わなければならない。これはある意味欠陥だといえる。音楽なら1曲3分程度なので途中まで送る機能はなくてもよかったが、2時間の動画を途中からみるのは、大変面倒だ。さっきのシーンまでポケットの中で再生させ、それから再度見ることになる。従って30分単位に区切っておけば、途中から見るのも気分的に楽だ。

(と昨日書いたのですが、何故かPodcastに登録したテレビの録画は一度停止させMenuで戻って音楽などを聴き、再度その番組に戻ると、停止した部分から再生されるようです。ファイルの形式が原因なのかどうかわかりませんが、すべてのビデオがそうなるわけでもないようです。)

pipさんからコメントを頂戴した。
なんと、再度見るときに、途中から見るか、前に戻ってみるかを選択するのはiTune側でそのビデオファイルのプロパティのオプションで「再生位置を記憶」にチェックするかどうかで設定できる。ということを知った。
というわけで、再生位置に記憶に設定しておけば、途中で音楽を聴いて、再度動画に戻ったときに、以前止めた場所から再度見ることができるようだ。
iPodは奥が深い。

早送りが難しいなら、10分単位でのジャンプがあるだけでもだいぶ助かるのだが。

santanaさんから下のコメントを頂戴した。真ん中のボタンを押してホイールを回すと早送りができる。そんなことができたのか。やってみると確かに早送りすることも戻ることも可能だ。(知らなかった。恥(>_<) )マニュアルなんか見なくたって何とかなるところがiPodの良さでもあるが、知らないと損することも多い。

通勤途中で少し困るのは、映画とかを見ていると別に普通のドラマでも、危ういシーンが出てくることがあって、周囲の視線がつきささるような気がすることだ。

2005.11.03

iPod videoに動画を入れる

今までZaurusSL-C3000用とVIDEO JUKEBOX MPM-202 60GB用に作成してきたDivX形式の動画をiPodに取り込むにあたり、いろいろ調べたところ、クロスブリードさんのiPodに動画を落とす方法 for windows(Videora)につきあたった。Videoraというmp4への変換ソフトだ。H264/320x240/QB30 Stereo/128kbpsという設定にしたところ変換時間は結構かかるのだが、結果としては3分の2程度に圧縮されたうえに、画質が落ちにくい。

とりあえず、これを使うことにして、PCをフル稼働させている。

ZaurusSL-C3000も同じなのだが、1つだけコツがあるとすれば、2時間ものは、もとのデータを30分単位に分割すべしだ。VirtualDubというソフトを使ってストリームの直接コピーに設定して、対象範囲に名前をつけて保存をすれば、簡単に分割できる。

どの機種で動画をみる場合でも同じだが、途中で見ることをやめたときに、そこの位置を記憶してくれないので、早送りでその場所まで移動するのは結構大変だ。そのため、毎回出だしだけを見て、結末はみたことがないなんてことになりかねない。30分に分割しておけば、早送りでも何とか対応できるのだ。

最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31